社内のシステムエンジニアの仕事

会社には情報システム部がありますね。社内システムやPCの問題で困ったことがおきたときに1度や2度は最低お世話になったことのある人も多いのではないでしょうか。会社の中で利用されているシステムの企画や保守・運用、改善業務などを行いながら、社員をサポートしてくれる頼もしい存在です。このような仕事をしている人は社員であったり、他の会社の社員が外注という形態で常駐してたり、社内SE業務の一部を外注社員が請負っている場合があります。

社外のお客様の要望をヒアリングする

システムエンジニアという言葉のイメージから、一日中パソコンに向かっている仕事を想像してしまうかもしれませんが、意外にも打ち合わせをしたり、コミュニケーション能力を問われる仕事なのです。なぜなら、お客様が実現したいシステムは何かということをまず最初に理解し、それを今後形にしていかなければいけないのです。その間にも信頼関係を構築しなければいけないですし、お客様の要望を同じ目線で共有できなければその後の業務が違う方向にいってしまいかねないので、ヒアリングや対人能力は必須なのですよ。

スケジュール管理と技術力

システムエンジニアはお客様が欲しいと要望したシステムの設計図を完了した後には、さらなる業務が待っており、ここでもコミュニケーション能力が問われます。殆どのプロジェクトは複数人数のチームで行いますが、毎回同じメンバーではなく、他の会社の技術者とも一緒に仕事をすることが多いのです。実際の製造工程ではプログラミングを他の人が担当することもあり、進捗管理能力も求められます。システムが完成しても、必ず不具合が起きますので、テストする期間はスケジュール通りにはいかないことがあります。システムをお客様に納品するまでの期限とテスト期間の間でどのようにスケジュールをこなせるかという管理能力と技術力が必要な大変な仕事なのです。

ゼネコンは公共事業を多く手がけていることから、不景気でも比較的強いといわれています。そのため、就職先として人気が高くなっています。