介護施設と介護保険の話。

介護施設と一言で表現しても、実は様々な種類があります。大き分けて、介護施設の種類には、介護保険が適用されるものとされないものに分れています。介護保険は、満40歳以上の人が保険料を払い、快適な生活を送るためのサービスや施設の利用ができる制度です。年齢により第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳~64歳まで)に分れています。第2号被保険者の場合は、あらかじめ決められている、特定疾患により介護が必要となった場合のみ介護保険が適用られます。

介護保険が適用する施設とは?

ではまず、介護保険が適用される施設を見ていきましょう!こちらも大き分けて二つの種類に分かれています。在宅介護型施設と入所介護型施設です。在宅介護型施設は、訪問看護ステーション、デイサービスセンター、ショートステイなどがあります。介護に馴染みのない方でも聞いたことのあるものがあるのではないでしょうか?また、近所の高齢者宅にこのような介護施設の車が来ているのを見たことがある方も多いと思います。入所介護型施設は、グループホームや特別養護老人ホームなどがあります。どちらも細かい利用規定はありますが、快適な生活を送るサポートをしたり、在宅に復帰するための手助けを目的としています

介護保険が適用しない施設とは?

こちらは、有料老人ホームやケアハウスといった施設になります。民間事業者が運営、経営をしている施設でそれぞれに特色を持った施設があります。費用も比較的抑えられたところから、高級志向、高度設備を兼ね備えたところまで様々です。高齢者向けの生活施設であるため、入浴、排泄、食事などの日常生活全般に必要な支援、サービスを提供しています。また、有料老人ホームの中でも、住宅型有料老人ホーム、介護付き有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3種類に分類することができ、介護レベルや症状によって選ぶことができます。

高齢化社会では介護の現場での働き手がより多く必要になります。そんな介護で働きたいのなら專門の情報サイトで介護の求人を見つけてみると、希望通りの働き方を見つけることができます。